男性と女性

健康被害を及ぼす害獣|コウモリ駆除を徹底して健康維持

健康被害を出さない方法

男性作業員

アブラコウモリは2センチ程度の隙間や穴などがあったら侵入することが可能です。住宅の屋根裏や戸袋だけではなく、オフィスビルの中などに巣を作ることもあるようです。夜行性なので昼間は大人しく、多くの方がコウモリに侵入されていることに気づくことがないまま生活をしている場合があります。特にオフィスや仕事場だと、夜間に人がいない場合が多いので、被害の発見が遅れてしまいます。コウモリ駆除は一般の方が行なうことは禁止されています。鳥獣保護法という法律があるからです。コウモリ駆除を行ないたい場合は専門業者に依頼をするか、許可をもらわなければならないのです。許可をもらった場合でも、自分の手でコウモリ駆除を行なうのはおすすめできません。近年、狂犬病を媒介しているコウモリが発見されているからです。狂犬病は犬が持っている病気で、人間に感染してしまうと死に至ります。誤って噛まれた場合は感染してしまう恐れがあるので、コウモリ駆除は専門業者に依頼をしましょう。飲食店などに巣を作ってしまうこともあります。飲食店はお客様に品質の高い料理を提供しなければなりません。コウモリが住んでいると、糞尿が乾燥して空中に舞い、飲食物に混入してしまう恐れがあります。飲食店などを経営している方は、一刻も早くコウモリ駆除をするようにしましょう。健康被害が出てしまってからの対応では遅いです。業者の中には、薬剤などを使わずに駆除を行なってくれる業者もあるので、飲食店やペットを飼育している家庭の駆除も安心して依頼することができます。